理 事 長 挨 拶


理事長 有馬 頼央

学問重視の家風

有馬家は、古くから学問教育を重んじる家風でした。
江戸時代の久留米藩政では、歴代藩主が数々の高名な学者を藩内へ招き、
文教興隆に熱心に取組んだことが郷土史に伝えられています。
久留米では文化文政期以降、
領民から、学問・武芸・芸術・産業等の各分野で才能が頻出します。
また当主自身によっても学問的、文化的達成がもたらされます。
これらは長年の充実した文教政策の、積厚流光の果実でした。

設立の趣意、人材育成の理念

有馬育英会は、明治時代、有馬家の十四代 有馬頼萬氏が、
近代化して間もない当時のわが国の状況から、
学問と修練による人格涵養、
変化の時代に順応できる人材の育成

が緊要と考え、向学心のある若者が、経済的理由で志を断念しないように
その支援を目的として設立した「有馬家育英部」が起源です。

われわれの生活するこの現代もまた、
国内外の情勢変化や、共同体・個人をめぐる価値観の多様化に直面する中で、
人々に正しい道を説き、導くことのできる人材が引き続き求められています。
社会のそういった要請に応えられる人材は、「学び」なくして育ちません。
当財団は、創立に関わった先達の意思と
学問奨励に力点をおいた有馬家の久留米藩政の伝統を受け継ぎ、
少しでも若者が学ぶ環境作りの助けになれるよう、
広く奨学生を募り、成長を支援する活動を末永く継続してゆきたいと考えております。



| 一番上に戻る | ©2010 有馬育英会 All rights reserved.