新着・更新情報

実施制度


運営理念


未来の才能を育てる伝統的な取り組み


     有馬育英会は旧久留米藩(福岡県久留米市)藩主であった有馬家の育英部として明治三十九年に設置されました。当時、有馬家の十三代当主であった有馬 より つむ 氏が初代総裁となり、将来の人材を育成することを目的とし、藩校であった明善堂(現:福岡県立明善高等学校)を中心に多くの奨学生を輩出しました。

     その後、戦争により、一時活動を停止しておりましたが、第十六代当主で直木賞作家でもある有馬 より ちか 氏および、 有馬育英部出身の実業家石橋正二郎氏(ブリヂストン創業者)、政治家石井光次郎氏らの尽力により、財団法人有馬育英会として再興しました。

     現在も、久留米市を中心に福岡県・関東地方の高等学校の生徒への奨学金の貸与、助産師を目指す方への支援を行っております。


道義道徳を大切にしつつ、広い視座を持つ人物の育成


     当財団では、若い皆さんに、人道や規範を重んじる人物に育っていただきたいと考えています。
     他方、学びにあっては、特定の観点に囚われず、学問の妨げとなる様々な制約から自由に、伝統的な価値観と新しい価値観を広範にバランスよく学んでいただきたいと思っています。
 有馬育英会は110年間の歴史を持ち、これまで300名ほどの奨学生を輩出しています。
 先輩のみなさんは、全国の各大学・大学院等に進学され、日本の未来を担う為に頑張って勉強しておられます。

 進学したくても様々な理由で躊躇されている方、また学生生活の継続に支障が生じている方、一度ご相談下さい。