助産師育成支援制度とは?

    関東地域・久留米及び財団が指定する全国の助産師養成施設(助産師養成学校)で、
    助産師の国家資格をめざす学生を支援する制度です。

    募集要項  手引書

    (在学校に願書が無い場合、当財団に直接お問い合わせ頂き、
    「有馬育英会の助産師育成奨学金を希望する」旨お伝えください。
    後日、応募書類を送らせて頂きます。)


応募資格

  • 関東地域・久留米及び、財団が指定する全国の助産師養成施設にて、
    助産師の国家資格を目指す学生で、 看護師の資格を有する者
  • または、同一年度内に看護資格、助産師資格を取得し、
    助産師学校長から推薦された学生。

かつ、近況報告および、結果報告を指定された期間に提出できる者。
※今年度に実施される助産師国家試験を受験することが条件です。

応募書類

    当会が配布している書類を、各学校よりもらい提出して下さい。
    その他に必要書類が明記されている場合は提出して下さい。
    ※必要に応じて別途書類を提出していただく場合があります。

    (在学校に願書が無い場合、当財団に直接お問い合わせ頂き、
    「有馬育英会の助産師育成奨学金を希望する」旨お伝えください。
    後日、応募書類を送らせて頂きます。)

  • 個人情報の保護に関する基本方針

育成支援金額

    一名につき10万円の授与となります。
    応募書類を選考委員会にて選考し、学校長宛に結果を通知致します。
    合格者は水天宮で行われる授与式の参加が必須です(旅費は実費支給)。
    国家試験の後に事後報告書の提出があります。

育成支援金授与式

平成26年度
平成27年度
平成28年度


平成28年度(久留米)
平成28年度(久留米)
平成29年度(久留米)


平成29年度
平成29年度
平成29年度


助産師さんからのお便り


助産師Obiの会

助産師Obiの会はご妊婦さんに寄りそい、応援する助産師の団体で、
平成29年11月より、水天宮で帯の巻き方を指導する教室を開講しておられます。
当支援制度の奨学生出身の方も多く参加されています

幅広く活躍する現役の助産師さん達は、助産師を目指す後輩が増えることを願っています。
学生さん、支援制度OBの方、会の活動に興味のある方は、 公式ページをご覧いただき、
開講日にはぜひ水天宮をお訪ね下さい。